上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.10 日曜

日曜は夫が、ハーレーの試乗会に行くと言うので、シュワンツも連れて一緒に行った。
夫が説明を受けている間、座って待っていると、犬好きの人に何度か声をかけられた。

「かっこいいですね」
「おとなしいねー」
「いい子だね」

うわぁ、ありがとうございます♪
y06-07-10-2.jpg
うれしいね~、シュワンツ。


次に、お台場のドックカフェへ。
シュワンツには「馬肉ジャーキー」を頼んだ。
y06-07-10-4.jpg
ジャーキーの下には、ニンジンのペースト?が敷いてあり、それを付けて食べるらしい。

が、見知らぬ場所で落ちつかないのか、ほとんど食べない。
しかたなく、ジャーキーだけ持ち帰ることに。
家であげたらバクバク食べてたよ。


カフェの後、「ねこたまキャッツリビン」に行った。
y06-07-10-3.jpg

シュワンツがいるので、夫と交代で店内へ。
猫用グッズもたくさんあるけど、猫をモチーフにしたグッズもたくさんある♪

あれこれ迷った結果、猫型サブレと、ピンバッチを買った。
ピンバッチはチェカにそっくりだったから、思わず買っちゃった。
そしたら、夫も同じ物を買ってきた・・・
y06-07-10-JPG.jpg
これ。
「ストローでジュースを飲む猫」

猫の模様が違うのに、夫婦そろって「チェカだ!」と思った理由はこれ
y06-07-10-1.jpg
「ストローでジュースを飲む猫」リアルバージョン


夫はレイニーに雰囲気が似ているというピンバッチも買っていた。
これをバイク用の皮ジャンに付けるのだそうな。

ここのお店は、また行きたいなー。



夫を待っている間、シュワンツと外にいたら、ヤマンバとチャラ男のカップルに会った。
チャラ男がシュワンツを見て
「うわー、かわいい犬・・・。シェパード?かな?」と、呟いていた。
シェパードじゃないけど、ありがとうチャラ男。
犬をほめてもらえるって、うれしいです。
そしてキミ達を、珍獣を見る目で見て、ごめんなさい。


 

スポンサーサイト
2006.07.08 裁縫

先日、義母に教えてもらった「猫クリップ」を作った。
今のところは、まだ試作段階。
y06-07-08-01.jpg
うーん、イマイチ形が決まらない。


以前、
むさしさんにティッシュケースの作り方を教えてもらい、見本まで頂いた。
で、それも作ってみた。
2ヶ所しか縫わない、簡単ティッシュケース。

ほんとに簡単にできた♪
信じられないくらいに簡単だ♪
y06-07-08-02.jpg
フエルトを猫型に切り、貼り付けてみた。

ものすごい簡単なのに、山折りと谷折りを2ヶ所間違えた。
生地の裏を、表にして仕上げてしまった。
縫った所が内側すぎたため、ティッシュがキツキツ、パンパン、むしろアウト。
フエルトにサインペンで描いたため、インクがにじんでる。

・・・あんなに簡単にできたのに、ここまでミスがあるって不思議。
ま、いっか。
次も作ろっと。(はまった)


以前も使用した写真もあるけど、「猫クリップ、リアルバージョン」
y06-07-08-03.jpg

y06-07-08-04.jpg

y06-07-08-05.jpg

このカーテン、今はボロボロ・・・

2006.07.04 夫の両親

土日に、夫の両親の所へ行ってきた。
夫の両親は、とても優しく、穏やかだ。
私の親や、妹のようにゴジラでも獣でもない、知識溢れる人間である。
そして、二人とも創作力のある人だ。

家に着くと、義母の作った置き物達が出迎えてくれる。
y06-07-01-02.jpg
通りすがりの人がプレゼントしてくれた物や、私達が持って行った物も飾ってくれている。

そして、庭でさまざまな野菜を育てる義父。
y06-07-01-03.jpg
義父が入ってるハウス?も、義父の手作り。
このような物が、あちこちにある。

庭の奥には、行くたびに何かが増えている義母の動物園。
とても楽しみ。
y06-07-01-04.jpg
ピンクのフラミンゴと、右奥にはライオンも。

さらに奥には、鹿、フクロウ、トラもいる。
y06-07-01-06.jpg

y06-07-01-05.jpg
駅や、線路もあって、町ができている。
右の青いのはダンプ。
その前に踏み切りがある。芸が細かい。

この他にも、こびとがあちこちにいて、お手製のブランコに乗ってたりする。
見ていて楽しく、飽きないお庭♪

この日は、ある場所で靴下を大量に安く手に入れたため、お裾分けに行ったのだ。
とても喜んでくれた。
嬉しい事だ。

その後、義母から手芸を教わった。
可愛い猫クリップの作り方だ。
帰ってから、いくつか作ってみたが、義母の方のが愛嬌があり、可愛らしい。
うーん・・・こういう所に性格が出るのかな。

義母は手作りの手芸品を作っては、フリーマーケットで売っている。
なかなか好評で、義母の到着を待っているお客さんもいるのだという。

そして趣味も多く、大変な勉強家だ。
お菓子を作るのも好きで、行くたびにパンや、シフォンケーキをお土産に持たせてくれる。
どれも美味しい♪

その他、書道を習っているのだが、教室を開けるほどの腕前。

以前「相田みつを」の字について、説明してもらった事がある。
「この字の、ハネの部分は、中国のナントカいう人の書体からきてるね。
この字と、この字の空間の取り方は論語のナントカいうやりかただね。
この『ん』とこっちの『ん』は、日本書紀のナントカと、ナントカだね」
義母は、ちゃんと「ナントカ」の部分を説明してくれたんだけど、忘れちゃった。
「みつを」は「へたうま」な字なのかと思っていたが、奥が深い事がわかった。
ていうか、すごいよ、義母。

他にも、中国語とドイツ語ができるらしい。
義父はピアノもひける。
でも、ちっとも気取らないし、自慢したりもしない。
すごい人達だ。

そんな両親を持つ夫はダムマニア。
y06-07-01-01.jpg
この日もダムに寄ってから行った。2ヶ所も・・・

私の夫、ダムマニア・・・
なんだろう、この脱力感。

が、夫に言わせると、私はゴムベラマニアらしい。
そりゃ、ゴムベラは好きだけど、6本しか持ってないよ!
柄とヘラが一体化してて、弾力があり、高温にも耐えるのが理想。
硬過ぎず、やわらか過ぎずの弾力が命。
大きな物から小さな物まで厳選して購入した。
ほんとはもっと欲しいけど、我慢してるんだよ!
マニアじゃないよ!!

いや、そんな事じゃなくて、夫の両親を見習おうと思った、という事を書こうと思ったのだ。
なにがダムマニアか、ゴムベラか。

さて、猫クリップでも作ってこよーっと。

2006.06.23 バトン

満月さんとこの、子猫の小鉄君は、募集を一時中断しております。
良いご縁があると良いですね。


で、満月さんから、バトンという物をもらいました。
人様のブログでは見たことあるけど、やるのは初めて。
コピーして質問に答えればいいのかな。


y06-06-23-01.jpg


1,回す人3人を最初に書いておく
  うーん、とりあえず考え中

2,お名前は?
  藤夢(ふじゆめ)
3,おいくつですか?
  30代


y06-06-23-02.jpg


4,ご職業は? 
  アデージョ(プッ)

5,ご趣味は? 
  犬と猫に話しかけること。
  カライものを食べること。

6,好きな異性のタイプは?

  トランプマン

7,特技は?
  大食い。


y06-06-23-03.jpg


8,資格何か持ってますか?
  ゴールドの運転免許証(ペーパーで、坂道発進できませんが何か?)

9,何か悩みはありますか?
  梅干食べ過ぎて、舌が痛いんですが、どうしたらいいんでしょうか。

10,お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?
  好きな食べ物:ガリガリ、バリバリ、シャキシャキ、歯ごたえの良いもの。
  嫌いな食べ物:ジャム、水飴、カスタード、ホワイトチョコ、酒、カニ。


y06-06-23-04.jpg


11,貴方が愛する人へ一言
  『なるほど、ザ、ワールド』が復活するといいな
  あなたは、赤い服より、初期の青い服の方が似合っていたよ。

12,回す人3人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単に
  うーん、まだ考えてませ―ん。


y06-06-23-05.jpg


 以上です。
やってみたら結構おもしろかった♪

祖母家で作ってるとうもろこし『未来』が届いた~。
毎年ありがとう。
今年もありがたく頂きます。
今年はコンクールで賞を貰ったのだそうな。
後で取材も受けるのだという、自慢のとうもろこし。
早速茹でて食べた。
おいしい。
とても甘い。でもさらりとした甘さで、しつこくない。
皮がシャキシャキとしてるが、やわらかい。
『未来』は茹でて食べるのが一番おいしいね。
甘みが強いので、料理に使うのは、やや不向きかも。
生でも食べられ、
果物のような甘さがある。
しかし少し青臭さは感ので、茹でるほうをオススメ。

そんな『未来』が今年も畑泥棒に盗まれた。
毎年盗まれてるけど、被害が大きいわけではないので、警察に届ける事をしなかった。
が、いいかげん腹が立ったので、今年は被害届を出したのだそうな。
 夜の闇に紛れて盗ったり、朝のウォーキングや、散歩がてらに盗むヤカラが多いらしい。
 今まで祖母家でも、自分達で張りこみ捜査をしたりしたが、犯人は捕まらなかった。

 数年前、祖母(80歳)「ぬすっとめ、今日こそは絶対、とっ捕まえてやる」
と、畑に護身用の鎌を持って張り込んでいた。
すると深夜、カサカサと、人の気配がした。
「いよいよ来よったか」と、鎌を握りしめ飛び出した。


「なにヤツだ!」

すると、怪しい人影が「お、お、オレだよ」と、あわてて言った。
よく見ると自分の息子(50歳)だったそうな。
 叔父は祖母が一人では危険だと思い、自分も張り込みに行ったのだ。
なのに祖母に襲われちゃう。
「危うく、ばあさんに殺されるとこだったよ・・・」と、後に叔父は呟いていた。

  ちなみに祖母は、とてもとても優しく、知識が豊富で、頼りがいがあり、超働き者だ。
そして笑顔を絶やさない「優しいおばあちゃん」である。
決して鎌持って闇から飛び出す、山姥みたいな人ではない。

そんな80歳のお年寄りが、奮闘しているのだ。
警察には深夜から、明け方のパトロールくらいは、して欲しいと願う。

そして畑泥棒、おまえは渋谷あたりに生息する山姥に囲まれて
「コイツ、チョーきもい。まじ、やばくね?うざくね?」
とか言われて、嫌な思いをするがいい。

y06-06-21.jpg
チェカも狙う、とうもろこし。
しかしチェカが狙っているのは、実ではなく、葉っぱ。
ナンデダロー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。