上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜、テレビを見ながらおやつを食べる、私とシュワンツ。
シュワンツには犬ガム。

y06-05-31-01.jpg
おいしそうで、なによりです。

私は、カリカリ梅
y06-05-31-02.jpg
大人買い。

好きな物を食べられる幸せ。
y06-05-31-03.jpg
幸せな夜のひととき♪

そういえば、妹が「おね―ちゃんが死んだら、お墓に梅干供えてあげる」と言っていた。
何でかと聞いたら、「だって梅干好きでしょ」と。
そうだけど。いや、そうじゃなくて、なぜ生きているうちに、くれないのだろう。
ちなみに私のイトコ達も、そう言っている。
これは何?
優しさ?それとも嫌がらせ?

微妙な思いを抱きつつ、一粒の梅干をもらうこともなく、今日に至る。

スポンサーサイト

今日はシュワンツ用のレバークッキーを作った。
y06_05_29-01.jpg
猫型、犬型、骨型。
なかなか、うまくできたみたい♪

レバーと野菜入りのクッキーも作ったけど、これは生地がゆるく、型抜きできず、ボテッと落としただけの、つまんない形のクッキーになった。


y06_05_29-02.jpg
レバーたっぷり。可愛いクッキー♪


y06_05_29-03.jpg
野菜入り、特に可愛くない、へちゃむくれクッキー。


「さあ、お食べ♪」

おおぉ!パクパク食べてるねー。
好き嫌いの激しいキミが喜んで食べてるね。
もう1個、もう1個ってお座りして催促。
そんなにおいしいかい?
へちゃむくれクッキーは。

でも、私としては可愛いクッキーを食べて欲しいんだよね。
可愛いクッキーをかじる、可愛いシュワンツ♪
その姿を想像して作ってた訳だからさ。

さ、食べてごらん。
て、何で嫌そうに横向くかな?
しかたなしに、かじったけど、ペッて吐き出すのはあんまりだ!

あぁ~。飼い主の思いカラマワリ~。
たくさん作っちゃったよー(泣)

 
y06_05_29-04.jpg
レイニーとチェカは食べたけど、猫達だけでは消費できない量が残ってる。
うぅ・・・

シュワンツには天敵がいる。
それは私の妹、「あーちゃん」
シュワンツはとても大人しい犬で、ほとんどえない。
「バウッ」とほえるのは、飼い主である私
ほとんど聞いたことが無い。
なのに、1~2ヶ月に一度は会うあーちゃんには、ほえる。
「この人は怪しくないよ」と、あーちゃんと仲の良さを見せてもダメ。
「ほえちゃダメ」と、叱ってもダメ。
シュワンツが唯一ほえる相手である。
 「あんた、シュワンツに何したの?」
と聞くと、
「何にもしてないよー。かわいがってるだけだよー」
と言う。
 それは本当なのだろう。
5月9日の日記にも書いたが、3年前、祖母の家にシュワンツを初めて連れて行った時、皆に歓迎された。
ビビリンボのシュワンツは、『「うわぁぁん、知らない人間が、よってたかって僕を可愛がる(泣)」という感じだったと思う。』という事を書いた。
その時、あーちゃんもいたわけだが、その可愛がりっぷりが、ほえられる原因になったのだと思う。
あーちゃんは動物が好きである。
実家の犬、猫はもちろん、他の家の動物も大きさ、種類、見境無く好きだ。
着ていたコートを、私にちょっとでも汚されれば「ざっけんなゴラァ!ちょ-むかつく」と騒ぐが、どこかの子犬に飛びかかられて泥の足型がついた時は、
「わひゃひゃ、汚れちゃったじゃないかぁ~♪」と喜ぶ。
人に厳しく、動物に甘いあーちゃん。
 ただ、好きの表現のしかたが強烈で意味不明。
「キャーヒwせgゅhヒャオーfrtyカワイギャーヴぃヒャswd7yほシャー」
とか言いながら撫でまくる。
テンションの高い犬の場合、一緒にはしゃいでくれるので問題無い。
しかし怖がりのシュワンツにとっては、おかしな人間が奇声を発しながら体を撫でまくってきた、としか受け取れなかったんだと思う。
その時、その事に気づけなかった私。
反省。
 出会いがそんなだったので、警戒してしまったのだと思う。
しかし、この時もう一人シュワンツが警戒している人間がいた。
私の母だ。
母は妹ほど意味不明では無いが、やはり強烈。
まず声が大きい。


「よしよし、だっこしてあ


げようか。



あら震えちゃってどーし


たのぉー。

よーしよし」



このくらい声がでかい。
シュワンツが震えてるのも、この声のせいじゃないか?
で、がっしりと無理矢理抱っこ。
母は縦、横、それなりに大きさがある。
シュワンツからすれば、ゴジラに抱っこされてるようなものだったのかもしれない。

「無理に抱っこしちゃダメだよ。こわが「あらぁ、こうやっ


て人になれさせるのよ」怖がってるんだから


やめ「いーの、いーの怖くないよー」


えてるってば!「あんたが大き


い声出すからよ!!」

おのれゴジラめ。
強制的にシュワンツを引き離す。
 母に恐怖心を持ったシュワンツは、次に母に会ったときウンコをもらした(その時も無理矢理抱っこしようとしたから)
  
 しかし今、シュワンツは母が好きである。
すべてササミジャーキーのおかげ。
実家に行くたび、大好物のササミジャーキーをもらうシュワンツ。
そりゃ、餌付けもされるものだ。
 母はウンコもらされたことが少しはショックだったらしく、無理矢理抱っこはしなくなった。



y04_06_01.jpg


 母への警戒心は解けたシュワンツだが、あーちゃんには警戒むき出し。
餌付け作戦もあーちゃんではダメだった。
「しゃーしゃー言って触るな。それで怖がってるんだよ」
と言うと、その場では大人しく接するよう、努力するものの、次に会うと
「シュワンツq1うぁしゃswtはyひゃー8お@:9」
「だからシャーシャー言うなって!」
ウゥ~、バウッ
この繰り返し。
ん?今気づいたけど、妹→奇声。私→怒る。
これはシュワンツからしたら「飼い主が怒る人=悪い奴。悪い奴=ほえなきゃ!」
という図式では?
なるほど!あーちゃんは時々会う悪い奴と認識されていたのか!
3年目にしてやっとわかったよー。
これから対応のし方を考えなきゃって、あーちゃんが奇声を発しなければいいだけか。
 しかし奇声って、あいつ獣か?
もっと人間的に生きるよう、注意しておこう。


y04_06_01-2.jpg
 うーん、性格悪いシュワンツになっちゃった。




 

先月種をまいた二十日大根ができた。
シュワンツに踏み荒らされながら、たくましく育った二十日大根。
愛情の無い育て方をしたというのに、感心するほど、立派にできた。
物言わぬ植物から、必死に生きた様を見せられたようで、ちょっと胸の奥が熱くなる。
素直になり、謝りたい気持ちにすらなる。
 いいかげんな育て方をして、ごめんなさい。
悪者ごっこと称して水を「泥水すすれ~」と言いながらあげて、ごめんなさい。



y06-05-22-1.jpg
 おいしく頂きました。




チェカも欲しがる二十日大根
猫パンチで取ろうと頑張る

y06-05-22-2.jpg

手をのばして頑張る
y06-05-22-3.jpg

猫パンチで、とても頑張る
y06-05-22-4.jpg

取れないので反則技
y06-05-22-5.jpg




2006.05.26 バイクでゴー

昨日は夫が、有休を使ってのお休みだった。
で、用事が済んだ午後から、バイクの後ろに乗っけてもらってお出かけした。
ご飯を食べに幕張方面、それから「あんたろう」の鯛焼きを買いに八千代方面。
天気も良くって、楽しかった。
ただ、私はバイクの後ろに乗る事に、なれていない。
アクセルを開ければ、後ろにひっくり返りそうになる。
ブレーキをかければ、前に倒れこむ。
そのたびにヘルメット同士が、ガチガチぶつかる。
ちょっとうざい。
だから、ふんばって座ってないといけない。
ちょっと疲れる。


ボーっとしてるとどうなるか、シュワンツとチェカに表現してもらおう。

夫役、シュワンツ   私役、チェカ
バイクに乗ってる所だと想像しつつ、見てもらおう。
y06_05_25-1.jpg


y06_05_25-2.jpg


y06_05_25-3.jpg


y06_05_25-4.jpg



キキーーーー!!



y06_05_25-5.jpg

こんな感じになるので注意。

                            意味わかんないって人は、想像力が足りないんだよぅ

何で猫達は、人が新聞を読んでいると、その上に乗りに来るのか?


毛繕いまで始めるチェカ
y06-05-23.jpg

レイニーに踏まれる
y06-05-231.jpg

当たり前の様に座るレイニー
y06-05-232.jpg

兄貴分に奉仕するチェカ
20060524154604.jpg


2匹で毛繕いするのは良いけど、他でやってくれないかい?

2006.05.22 ファルコン

マイブームは寝ているシュワンツにまたがって、「飛べ!ファルコン」と言うこと。
y06-4-16JPG.jpg
ファルコンて、ネバーエンディングストーリーの白い竜ね。

あの映画を見た時、どうしてもファルコンが飼いたくて飼いたくて飼いたくてたまらなかった。
でも売っている物ではないし、(売ってても、きっと買ってもらえない)生け捕るしかないと思った。
でも、どこに生息しているか、わからない。
バスチアンが読んでいる本を読めば、ファルコンに会えるかもしれないけど、その本だってどこにあるかもわからない。
そもそも日本語に訳されていないと、読めるわけがない。
 いや、ネバーエンディングストーリーは架空の話なのだ。
それはわかってる。
でも、あきらめきれない。
そうだ!架空の話なら、それにふさわしい策で対抗すれば、いいんじゃない?!

そこで考えたのが、「流れ星に願いをかける」
流れ星が消える前に「ファルコンに会いたい」と、3回言う。
どう?これなら会えそうじゃない?
どんなおまじないよりも、効きそうな気がする!
 わくわくしながら
夜空を見上げたが、10分くらいで首が疲れて終了。
あー、肩こった。

だから、ファルコンはあきらめるしかなかった。
そんな事で、夢見る少女の、ファルコン生け捕り作戦は幕を閉じた。


しかし、どこかで諦めきれない思いはあったのだろう。
 今日もシュワンツにまたがる自分がいる。
耳の後ろも掻いてあげるが、やはり飛ぶ気配は無い。
y06-04-21.jpg
          迷惑そうなシュワンツ。(当たり前)

2006.05.20 甘いもの三昧

クフフ、前々から行きたかったお店に、行って来ちゃった~♪

まず、千葉県東松戸駅近くのお饅頭屋さん「和ふ庵」
ここはお饅頭が、1個十円なりー。
ばらでは売ってなくて、20個、30個、50個の箱に入ったセット売り。

y06_05_-1921.jpg  これは20個のセット。箱代+消費税込みで230円。  
  2段になってるんだけど、上の段はもう食べちゃた。
  一口サイズで、皮はしっとり、もっちり。
  触ると弾力がある。
  餡は、お茶に合うちょうど良い甘さで、ぱくぱくいける。
   1個十円なんて思えないよー。おいしいのでオススメ。


次、都内に移動。中野区の最中の皮屋さん
「丸井商店」

y06_05_-1926.jpg   ここは、いろいろな形の最中の皮がある。
  お目当ては、猫の顔型と、肉球型。
  でも、他のも欲しくなり、たくさん購入。
  これ、全部自分用。買いすぎたかも~♪ ウヒヒ
  紙袋のは、いろんな型が混じってるお徳用。
  期間限定の、花びら型が入ってて嬉しい。
  ばらけて写ってるのが、お徳用の中身。

  ミルク煎餅(写真右)も購入。

「最中キット」のアンコを詰めてみた。
y06_05_-2026.jpg  皮はパリパリ、少し苦味のある香ばしさ。
  この苦味が、餡と合わさると、より香ばしさを感じられる。
  餡はたくさん詰めるより、ポテッと乗せるくらいが良いかも。
  写真の餡は詰めすぎ。これだと、皮がしっとりしてしまう。
  写真左下から、猫型、バナナ型、肉球型、鯛型。
  白いのは花びら型。
  ぷっくりして、可愛らしい♪
  鯛型が、コロコロしていて、思った以上に可愛かった。
たくさん皮があるので、アイスや生クリーム、果物等もつめて楽しんでいる♪
餡とアイスの組み合わせが今、お気に入り。
 あ~、皮のパリパリ感、たまらんです。
 ミルク煎餅は、ほんのり甘くて、パリパリ、サクサク。
アイスを挟んでもおいしいけど、そのまま食べるのが好き。
二袋分も買ってしまったよ。
ウヒャヒャ
 
 お徳用の袋がオススメかな。いろんな型が入ってるって魅力だし。
でも、そんなに袋詰めの在庫は、置いておかないようなので、買いに行く時は確認した方がいいかも。(私が行った時は、在庫が5袋だった)


次、移動して合羽橋、道具街へ。
妙なものが、たくさんあった・・・
     y06_05_-1821.jpg金の河童             巨大カブト虫      河童??いっぱい、いた
 y06_05_-1822.jpg  y06_05_-1823.jpg


 で、買ってきたのがこれ。 y06_05_-2027.jpg 
  小さいゴムベラと、クッキー型。
  骨と、猫と犬。
  猫はちょっと狸っぽいけど、まぁいいや。  
  道具街は五時半頃から、どんどん閉まっていく。
  うーん、もっと見たかったな。
  でも楽しかった。




y06_05_-20-22.-1JPG.jpg

 猫モナカを欲する猫。
 あげるつもりはなかったのに、猫パンチでたたかれて落ちた。
 たたいたのはチェカなのに、レイニーが横から、かっさらった

 うう・・・私のモナカなのに・・・



  今回の写真は、クリックすると拡大します。 

テスト

動画をやってみよう。

y06-4-15.jpg
庭で、はしゃぐシュワンツ

これでも、ちょっと大人しい方。

リアルプレイヤーで見てます。
見れなかったら、見れないよ、と言って下さい。

2006.05.16 のーびのーび

猫達がおとなしいから、何をしているのかと思ったら、寝てた。
猫立入禁止の寝室で。
ふすまの鍵、かけ忘れちゃった。

毛布の上で、のーびのーびレイニー
y06-05-16-2.jpg
チェカに乗っかって寝ている。

 


2年ほど前、レイニー達がまだ家に来てなかった頃、猫も飼いたいな、と里親募集のサイトを見ていた。

と、こんな格好で寝ている仔猫が!!
y06-05-16.jpg
右がレイニー


一目惚れ!

里親会に行き、そこで出会ったチェカと共に、家に迎える事となった。


こんなふうに寝る事は、めったにないけど、今日はひっくり返りレイニーを見られて満足だ♪

ロイズのチョコ缶
y06-5-12-17.jpg
魔法のチョコ缶♪


カン♪とたたけば
y06-5-12-16.jpg
犬、猫集まる魔法の缶♪


だって中身は
y06-5-12-18.jpg
煮干だもーん♪

2006.05.14 苺、収穫

車検が近いからと、夫がバイクをいじってる。
シュワンツは、庭で一緒に遊びたがってる。
でも、遊んでもらえない。

y06-05-14-01.jpg
つまーんなぁーい


じゃあ、私と遊ぼうか。
ボールを追いかけて、走りまわるシュワンツ。

いろんな作物の芽を踏み潰しながら・・・

まぁ、いいけどね・・・

強い者だけが生き残れば良いのだ。


そういえば、プランターの苺も、シュワンツに荒されたことがあったっけ。
荒されて、引っ張り出された苗が、しなしなになって落ちていた。
祖母からもらった物なので、さすがにアワワ、となった私。

そんな苺も実をつけた。
y06-5-12-19.jpg
2粒ついた。
犬の置物は夫の趣味。


今日のデザートにして食べた。
y06-05-14-02.jpg
市販のプリンと、スプレーホイップという手抜きだけど。

苺はちょうど良い甘酸っぱさでおいしかった!
強く、たくましく生き抜いた苺。
強いものは、おいしいのだ。


だからといってシュワンツよ、キミが芽を踏んづけるのを推奨している訳ではない。
これ以上は、なるべく控えるように。

y06-4-15-1-.jpg
こやつ等に狙われるのがわかっているから、家の中には植物を入れない。


 


暖かくなってきたし、お散歩楽しいね♪

ねっ!シュワンツ♪


y06-04-24JPG.jpg
しょぼーん 


うわ、何でうなだれている?
今日は暖かくて良い天気だよ。
ちょっと遠くまで歩きたいくらいだよ。

なのに、なぜしょんぼり?



キミが冬の散歩は嫌いなのは知ってる。
寒いからね。
あの頃は、家から200メートルの所で帰りたがったね。
寒さが厳しくなるにつれて、200メートルから100メートルに縮んだね。
その後、隣りの家を過ぎた所で帰りたがったよね。
いや、でも家の門出た所で引き返した時は、たまげたよ。
間違えて外出ちゃった、ってくらいの勢いだったね。

外が寒いから嫌なのかと思ったけど、庭に出ると大喜びで走り回ったよね。
ものすごいハイテンションで、端から端まで往復30回以上。
途中まで数えてたけど、面倒くさくなってやめたんだ。



でも今は暖かいよ?
うーん、何だろうな。何で嫌がるのかな?


もしかして冬の間に、すっかり散歩嫌いになっちゃたとか?
えぇ~。
シュワンツとの散歩楽しみなのに~。
ちょっとづつでいいから歩こうよ―。

ほら、頑張れー。
y06-04-24.jpg
とぼとぼ・・・

そしてまた今日も、庭を走り回る・・・


 

2006.05.11 視線

シュワンツ、ジャーキーキャッチで遊ぼうか。

いくよ~
y06-05-11-01.jpg
あーん

それっ
y06-05-11-05.jpg
ぱくっ

上手だね―、シュワンツ
y06-05-11-04.jpg
ふふん♪

次、それっ
y06-05-11-07.jpg
ぱくっ

ほいっ
y06-05-11-02.jpg
ぱくっ

ばっちりだね!
y06-05-11-03.jpg
ジャーキーうまーい





うわっ!チェカ!
y06-05-11-08.jpg


先日、猫達が天井裏に行かないよう、天袋の戸につっかえ棒をつけた。
カギはちょと取り付けづらかったから却下。

これが素晴らしく良い
猫が開けようとしても、棒がふんばってくれて開きません!
y06_05_07JPG.jpg
レイニー、頑張ってるけど、あきらめなさい


レイニーが、何回も何回も何回も何回もチャレンジしてるけど、開きません!


これで今日はゆっくり眠れるよー。




次の日

レイニーは引きこもった。

天井裏に行けない事が、よほどショックだったらしい。
一日中、コタツ布団の間に挟まっていた。
ご飯とトイレに、ちょこっと出てきたくらい。

y06_05_07-2.jpg
布団を一枚めくったところ。

レイニーはショックな事があると、引きこもることがある。
病院に行った後や、花火大会のドーンと響いてきた音を聞いた時など。

そして今回もショックだったんだね。
そんなに天井裏の冒険は楽しかったのか・・・

でもつっかえ棒をはずすわけには、いかないのだ。
かわいそうだが、我慢してもらおう。



そして次の日

何かをふっ切るかのように、家中を走りまわるレイニーがいた。
それはまるで
20060510150649.jpg

と、心で叫んでいるかのようだった。


猫ながら、世の無常を嘆いているのだと、ちょっとホロリ。

しかし、数時間後には何事も無かったかのように、ご飯をねだる。
やはり猫だなと、ちょっと安心。


 

祖母家は農業を営んでおり、5人家族である。
そして仕事を手伝う為に私の母、伯母が毎日来ている。
結婚して家を出た祖母の孫達(私達)もよく遊びに行く。
そうなると、結構な人数が祖母家に集まる事になる。

約3年前、シュワンツが家に来た頃、祖母の家に連れて行った時も12人位いたと思う。
皆、動物好きなので可愛がってくれた。
しかしシュワンツは超ビビリンボなので
「うわぁぁん、知らない人間が、よってたかって僕を可愛がる(泣)」という感じだったと思う。

それはともかく、ここで聞かれるのが犬の名前である。
親戚「名前、何ていうの?」
藤夢「シュワンツ」
親戚「え?」
藤夢「シュワンツ」
親戚
「え?」
藤夢「シュ・ワ・ン・ツ」
親戚「・・・シュ・・?」
藤夢「シュワンツ」
親戚「何だそりゃ」
藤夢「犬の名前だよ!」

12人すべての親戚と、このやりとりをやった訳ではないが、だいたいこんな感じだった。



そして数時間後、シュワンツは「ジョン」 「ガリ」 「ソフィレシア」 「タロ」 「わんつー」 「シュワッチ」のいづれかで呼ばれていた。

何で誰一人、正しい名前を覚えてないんだ。
アンポンタンな人間が12人。(その中の二人は私の実の母と妹だ)

もう、一番近い「シュワッチ」でいいよと思ったとき、ちゃんと名前を呼んでくれる人がいることに気づいた。
祖母だ。
横文字苦手、ハイカラな物は苦手の祖母が呼んでいる。「シュワンス」と!


   ん?
んー?聞き間違えた?

祖母シュワンス、おいで」
 ・・・シュワン…? 

藤夢「おばあちゃん、シュワンだよ?」
祖母「そだよ。シュワンおいでー」

藤夢「最後ス、じゃなくて、ツだよ。」
祖母「うん、そーだいなー。(そうだよな)シュワンスー


何でだ?何でそんなにもスって言う?


祖母は、ツをスに変換して話す癖はない。
そういう訛りもない。

ボケているわけでも無いと思うが、なんとなくそれ以上つっこめなかった。



 それから約3年、さすがのアンポンタン達も、名前を覚えてきちんと呼んでくれるようになった。

しかし祖母だけは「シュワンス」と呼ぶ。
きっとこれからも呼びつづけるだろう。
シュワンツ自身、そう呼ばれても喜んでシッポをふっているので、良しとしよう。 


y06_04_30JPG.jpg
祖母家で、伯母の犬、ララと。 




 2003-8-21
y03_08_21JPG.jpg
シュワンツは、夫がつけた名前。
好きなバイクレーサーの名前だそうな。

しかし、覚えづらかった。
私も2日間くらい「何て名前だったけ?」と、忘れる事があった。
つまり、私もアンポンタンの血を受け継いでいるという事になる。

へこむ・・・

2006.05.06 やめなされ

種類の違う動物が、仲良く寝てるって良いよね。
うちは犬と猫が仲良く寝ている。
その姿は微笑ましい。


特にチェカは、シュワンツのことが好きだよね。
くっついて寝るの、好きだよね。
シュワンツも嫌がらないね。


かわいいと思う。
微笑ましいと思う。


けど、けどチェカよ、股ぐらにシュワンツの耳を挟んで寝るのはどうだろう?
y06_01_20-12.jpg
シュワンツもなぜ嫌がらない?


y06_01_20-06.jpg
シュワンツ、迷惑なら迷惑って言ってもいいんだよ。
キミの頭の上では、チェカがやりたい放題やってるぞ。

今日は猫達がまた天井裏に行ってしまったため、お風呂にいれた。
シュワンツもついでに洗った。

みんな良い匂いだね。

天袋の戸にはカギをつけないとだめだなぁ。

今日は何をしたわけでもないのに、なんだか疲れちゃった。
テンション低くなっちゃたよ。

あぁ、でも洗ったばっかりのキミ達はフカフカで、やわらかくって癒されるなぁ。

さて、私もお風呂に入ってこようかな。




お風呂に入ったら、少し気分も良くなったなぁ。

あれ?
猫達がいませんよ。

ああああああ!天袋の戸が開いてる!!


うわぁぁん、油断していた!


「チェカ!レイニー!今すぐ出てらっしゃい!」
って言って猫が出てくるハズも無く、エサで呼ぶ。


今回はそれほど汚れてなかった。
良かった。良かったけど、ガックリ感は残る・・・


こんな時は、仔猫の頃のひたすら可愛かった猫達を思い出そう・・・
y4_07_11-053.jpg
家に来てすぐの写真。かわいい♪
y04_07_16-13.jpg
寝姿。かわいい♪
y04_07_16-12.jpg
手の上で寝る2匹。かわいい♪

y04_07_21-02.jpg
猫じゃらしで遊び、カーテンによじ登る2匹。

こんなことをしていたから、カーテンはボロボロになるし、上へ上へと登る癖がついてしまったのだ


ガックリ感は癒されなかった。


2006.05.03 おもちゃ

ひづめをあげよう。
ひづめ、だ~い好きだよね。シュワンツ
2006_04_1101JPG.jpg
でも、そのへんにカケラを散らかしておくのはよくないな。
ふんずけると大変痛いのだよ。

だからキミの大好きな軍手に、カケラを入れてあげよう。
指先までカケラが詰まった軍手。
これを丸めてあげようね。



ほら、新しいおもちゃだよ。
どう?楽しい?
-1.jpg

そっか、良かった。
散らばると迷惑なひづめ。

それが軍手に入れるだけで、こんなにも喜んでくれるおもちゃに早替り♪
そしてこんなものに喜んでくれるシュワンツはたいへん安上がり♪
軍手は使い古しでも新品でもかまわないみたいだよ♪

2006.05.02 嫌な予感

カタン、カタンって、ありえない場所から物音がする。
ニャーって、ありえない場所から鳴き声がする。


チェカ、レイニー、キミ達天井裏にいるね。

天袋の戸が少し開いているよ。
天袋を開けると、天井裏への板が少し外れているよ。

そこから入ったのか。
冒険♪冒険♪って2匹して入っていってしまったのか。

あうぅ・・・
きっと汚れているに違いない。ホコリだらけなんだろうなぁ・・・




あ、出てきた。
まず、 レイニー
y06-4-05-1.jpg
蜘蛛の巣やらホコリやらが顔に付いてる。

次、チェカ。
同じく汚い・・・

しょぼんとした顔してるけど、私の方がしょぼんとしたいよ。

y06-4-05-2.jpg
キミ達はこのまま、天井裏の住人になってしまえば良いと思うくらい汚れている。


でも、しょうがないからお風呂に入れて洗ったさ。

y06-4-17-1.jpg
さっぱりした?




 

キミがあまりにも庭をボコボコ掘るから、良い所につれて来てあげたよ。
祖母の家の竹林だよ。
今日は思いっきり掘って良し。
というか、掘ってくれ。
私のかわりに。


タケノコを!
y06-04-3030.jpg
まだとれないよ、疲れたよー。

シュワンツ、ここをいつものようにガガガガって掘るんだ!
カミュ(実家の犬)と遊んでる場合じゃないぞ。
y06-04-3020.jpg
カミュはおばあちゃんなので、シュワンツのパワーについていけないようだ。


ほら、後ろにいっぱいあるよ。1本でいいからもってきなよ。
y06-04-3015.jpg
今日は穴掘りしたくない気分らしい

シュワンツが手伝ってくれないので、私と夫は筋肉痛になりながら掘ったとさ。
まぁ、たくさんタケノコもらったから良いけど。



 この日留守番していた猫達は、なんだかご不満だったらしい。
疲れた飼い主が夜、熟睡している間うっぷんを晴らしていた模様。

y06-05-0107.jpg
未開封の乾燥ワカメ、ボロボロ・・・

※食べ物で遊んではいけません!



今日は掃除と、タケノコ料理とケーキ作りをしました。
y06-05-0106.jpg
一日遅れだけど、誕生日おめでとう、夫。


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。