上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファーミネーターと、他のブラシとの違いがどのくらいあるのか、調べてみたい。

まず、いつものゴム製ブラシで、5分間ずつ右側のみを、ブラッシング。

抜け毛を量る。
y06-06-07--02.jpg
シュワンツ3g、レイニー2g、チェカ2g
数字にすると少なく感じるが、いつもどうりの量。
猫は週一、犬は1~2日に一度、10分~15分位ブラッシングしている。


 次にファーミネーターで左側のみを、5分間ブラッシング。
y06-06-07--03.jpg
シュワンツ4g、レイニー3g、チェカ3g
1gずつ多く取れた。
写真ではそんなに違いがわからないが、実際に見ると多く取れているのがわかる。
ただ、思っていたほど、インパクトのある驚きの取れ方ではなかった。
もっと、わっしわっしと、取れるのかと思っていたよ・・・


その後、レイニーを40分間ほどブラッシング。
y06-06-07--04.jpg
11gの毛が取れた。
写真は撮らなかったが、チェカが20分で6g、シュワンツが30分で15g。
今回はレイニーを重点的にやった。
おかげで、抱っこした時の抜け毛がだいぶ減った。

シュワンツもお尻まわりのフカフカ感が、だいぶ無くなった。

使った感想は、ファーミネーターの一番良いところは、犬、猫達が嫌がらないところ。
レイニーは40分間もゴロゴロと、喉を鳴らしてリラックスしていた。
ゴムブラシだと、途中で嫌がっていた。

次に私の手が疲れないところ。
ゴムブラシは、やや押しつけるようにブラッシングしていたため、3匹もやると結構疲れた。

シュワンツの毛は、ゴムブラシだと取りづらかったが、ファーミネーターはきちんと取れた。

困った所は、抜け毛が飛び散るところ。
ゴムブラシは、ブラシにくっついて、ある程度たまったら毛をはがして捨てられた。
多少の飛び散りもあるが、屋外でも使えた。
ファーミネーターは、屋外では
風に舞って、ものすごい近所迷惑になりそう。
室内でやったけど、それでもフワフワした抜け毛が顔に付き、むず痒い。
そして服にもつく量が半端では無いので、毛の付きにくい素材で挑まないと後が大変。

毛の抜けかたは、私が期待大大!!だったため、ちょっと肩透かしを食った感じはある。
でも今まで使った中で、一番取れると思う。

結果、買って良かったよ。
y06-06-07-04.jpg
さて、今日もブラッシングしようかな。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。