上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.04 夫の両親

土日に、夫の両親の所へ行ってきた。
夫の両親は、とても優しく、穏やかだ。
私の親や、妹のようにゴジラでも獣でもない、知識溢れる人間である。
そして、二人とも創作力のある人だ。

家に着くと、義母の作った置き物達が出迎えてくれる。
y06-07-01-02.jpg
通りすがりの人がプレゼントしてくれた物や、私達が持って行った物も飾ってくれている。

そして、庭でさまざまな野菜を育てる義父。
y06-07-01-03.jpg
義父が入ってるハウス?も、義父の手作り。
このような物が、あちこちにある。

庭の奥には、行くたびに何かが増えている義母の動物園。
とても楽しみ。
y06-07-01-04.jpg
ピンクのフラミンゴと、右奥にはライオンも。

さらに奥には、鹿、フクロウ、トラもいる。
y06-07-01-06.jpg

y06-07-01-05.jpg
駅や、線路もあって、町ができている。
右の青いのはダンプ。
その前に踏み切りがある。芸が細かい。

この他にも、こびとがあちこちにいて、お手製のブランコに乗ってたりする。
見ていて楽しく、飽きないお庭♪

この日は、ある場所で靴下を大量に安く手に入れたため、お裾分けに行ったのだ。
とても喜んでくれた。
嬉しい事だ。

その後、義母から手芸を教わった。
可愛い猫クリップの作り方だ。
帰ってから、いくつか作ってみたが、義母の方のが愛嬌があり、可愛らしい。
うーん・・・こういう所に性格が出るのかな。

義母は手作りの手芸品を作っては、フリーマーケットで売っている。
なかなか好評で、義母の到着を待っているお客さんもいるのだという。

そして趣味も多く、大変な勉強家だ。
お菓子を作るのも好きで、行くたびにパンや、シフォンケーキをお土産に持たせてくれる。
どれも美味しい♪

その他、書道を習っているのだが、教室を開けるほどの腕前。

以前「相田みつを」の字について、説明してもらった事がある。
「この字の、ハネの部分は、中国のナントカいう人の書体からきてるね。
この字と、この字の空間の取り方は論語のナントカいうやりかただね。
この『ん』とこっちの『ん』は、日本書紀のナントカと、ナントカだね」
義母は、ちゃんと「ナントカ」の部分を説明してくれたんだけど、忘れちゃった。
「みつを」は「へたうま」な字なのかと思っていたが、奥が深い事がわかった。
ていうか、すごいよ、義母。

他にも、中国語とドイツ語ができるらしい。
義父はピアノもひける。
でも、ちっとも気取らないし、自慢したりもしない。
すごい人達だ。

そんな両親を持つ夫はダムマニア。
y06-07-01-01.jpg
この日もダムに寄ってから行った。2ヶ所も・・・

私の夫、ダムマニア・・・
なんだろう、この脱力感。

が、夫に言わせると、私はゴムベラマニアらしい。
そりゃ、ゴムベラは好きだけど、6本しか持ってないよ!
柄とヘラが一体化してて、弾力があり、高温にも耐えるのが理想。
硬過ぎず、やわらか過ぎずの弾力が命。
大きな物から小さな物まで厳選して購入した。
ほんとはもっと欲しいけど、我慢してるんだよ!
マニアじゃないよ!!

いや、そんな事じゃなくて、夫の両親を見習おうと思った、という事を書こうと思ったのだ。
なにがダムマニアか、ゴムベラか。

さて、猫クリップでも作ってこよーっと。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。